TOP > SEOトレンドレポート > 3月検索エンジントレンド

 【3月】検索エンジントレンド

調査背景・調査概要

  • googleロゴ
  • Googleで「リスティング」と検索すると、検索結果に『このキーワードで検索:リスティングとは』という検索結果が挿入されます。
    リアではこのアルゴリズムをSEOの新たな領域としてとらえ、以下の項目について調査を行いました。
    どのようなワードで「このキーワードで検索:」挿入がおきるか?
    「このキーワードで検索:」挿入が起こる法則とは?
    「このキーワードで検索:」挿入仕様をどのようにSEOに活かすか?
リスティングとは[検索結果]

調査結果

「SEM対策」、「コーポレート」、「ユニバーサル検索」、「外構工事」、「外資系」、「キャッシング」などの諸キーワードにおいて、「とは」挿入が起こる現象を確認しました。「このキーワードで検索:」挿入機能には、キーワードの説明ページを優先して表示する「とは」のパターンを含めて、以下の3パターンが存在すると考えられます。

  • 1、拡幅型提案(ユーザー行動を予測し、言葉を換えて提案)
  • 例:Ay⇒au、ipdo⇒ipod、JE⇒JR、LOP⇒LPO、クシ⇒プロキシ
  • 2、細分型提案(関連検索や絞り込みなどを行い提案)
  • 例:コーポレート⇒コーポレートとは、こい⇒恋空、アメ⇒アメブロ
  • 3、セッション基準型提案(同義語・同音語をセッションが多い方で提案)
  • 例:マメシバ⇒豆柴、こんかつ⇒婚活、きー⇒key

SEOへの活用として、細分型提案が発生するワードにおいて、
例えば 「リスティングとは」のワードでGoogle1位を取ることで、
「リスティング」というビッグワードでも4位に表示させるなどの
施策を展開することが可能です。

前月のSEOトレンドレポートを見る SEOトレンドレポートTOPへ戻る

copyright©2006-2014 LiA corp. All Rights Reserved.