TOP > 業界特化型SEOサービス > 不動産業界

 不動産業界向けSEO・リスティング広告

不動産業界は飲食店などと同様に比較的参入しやすい業界のため、大手から中小企業、個人規模の経営まで非常に裾野が広い業界構造となっている点が特徴です。

BtoBの場合にはオフィス賃貸仲介サイトやレンタル会議室の予約サイト、BtoCの場合には分譲マンションのキャンペーンサイトや賃貸仲介サイトなどがSEOをはじめとしたWEBプロモーションの対象となっているケースが多いです。

また、地域による顧客セグメンテーションが重要となるケースが多いため、チラシやダイレクトメールをメインとした紙媒体による集客が発達している点も不動産業界の特徴だと言えるでしょう。

主な対象サイト

・賃貸物件の仲介サイト

・貸し会議室の予約サイト   など・・・

不動産業界のSEO・リスティング広告の競合性

個人・法人向け賃貸仲介サイトや住宅情報サイトについては、SEO・リスティング広告の激戦区ということができます。ニーズが突発的に発生するケースが多い点や、高額な買い物のため、きちんとした比較検討の上意思決定をしたいというユーザーのにーズが検索エンジンとの相性を高めていると考えることができます。

不動産業界のSEO・リスティング広告の特徴

不動産業界におけるターゲットユーザーは、商材の特性上、どうしても検討から購買までのリードタイムが長くなる傾向があります。そのため、コンバージョンではなく情報収集を目的とした検索ユーザーも多く存在しています。

そのような中で費用対効果が高いWEBプロモーションを設計するためには、まずはユーザーの情報収集ニーズをきちんと満たすことができる充実したコンテンツ作り、ユーザービリティの高いサイト作りを行わなければいけません。

加えて、SEO・リスティング広告の激戦区である不動産業界の場合には、似たようなサイトを運営している競合サイトも非常に数多く存在していますので、自社としての独自性、強みをきちんと押し出したプロモーションを行うことが成功の第一歩となります。

不動産業界のSEO・リスティング広告に求められるキーワード戦略

不動産業界の場合には、「地域名」関連キーワード、「路線名」関連キーワード、「駅名」関連キーワードなどお客様の検索ニーズに応じたロングテールキーワードを網羅することにより、集客をするべきターゲットユーザーを限定しつつ、費用対効果の高いSEOを実施していくことがポイントです。

検索す回数が少ないロングテールキーワードを複数網羅し、キーワードに最もマッチしたページに集客していくというサイトのマルチエントランス化が非常に有効となります。

不動産業界における主なSEOの実績

「西麻布 賃貸」「賃貸 倉庫」「表参道 賃貸」

不動産業界(賃貸仲介・会議室予約サイト)への
SEO・リスティング広告をはじめとしたWEBプロモーションは、弊社が
もっとも得意とする領域の1つです。ぜひお気軽にご相談下さいませ。

SEO相談お問い合わせ

copyright©2006-2008 LiA株式会社 corp. All Rights Reserved.